事務処理で膨大な時間を取られているなら介護ソフトを導入しましょう

離れた場所でも簡単に情報を確認出来る介護ソフト

食事中のお婆さん

介護施設で介護ソフトを導入することで、離れた場所でも簡単に情報を確認できるようになります。例えば、大きな介護施設では、フロアが広く別のフロアに移動するだけでも数分の時間がかかります。もしこれが、介護ソフトを利用せず、紙で管理していた場合は確認のたびにフロアを歩いて移動して見に行く必要があります。
しかし、介護ソフトを利用すればネットワークを介して、いつでもどこでも入居者の情報やケア記録にアクセスする事が可能です。いちいち、データを確認するために移動する必要が不要になるので、その時間を節約できます。業務効率化という観点において、ネットワークを使って離れた場所からでも情報を確認できることは大きなメリットになってくるでしょう。
また、情報を確認できるだけではなく編集も行えます。最近は持ち運び可能なタブレットで使える介護ソフトもあり、外出先で介護ソフトにアクセスしたり、フロアで高齢者の介護をしながらタブレットやモバイル端末を使ってケア記録を入力したり出来ます。入力したデータは職員だけではなく、外部の人が見られるように共有できる介護ソフトもあり、入居者の家族に日頃どのような介護が行われているか見てもらいたいというときにも使えます。まだ導入していない事業所は介護ソフトの導入を検討してみましょう。

LATEST ARTICLE

文字入力の手間が省けて文書管理が楽になる介護ソフト

業界で使われている介護ソフトを導入するメリットは沢山ありますが、文字入力が楽になるのも大きなメリットです。紙に文章を書いて、書類で介護…

車いすでお散歩

離れた場所でも簡単に情報を確認出来る介護ソフト

介護施設で介護ソフトを導入することで、離れた場所でも簡単に情報を確認できるようになります。例えば、大きな介護施設では、フロアが広く別の…

食事中のお婆さん

クラウド型の介護ソフトはアップデート等の手間が不要でオススメ

事業所で導入されている介護ソフトは、パッケージ型とクラウド型の2種類があります。パッケージ型は昔ながらの方法で、CD-ROMやDVD-…

老人に笑顔で接する

デジタルで情報のインプットとアウトプットが楽になる介護ソフト

ケアの記録を付けるときや介護請求を行うときに役立つのが介護ソフトです。介護ソフトの導入をすると、特に情報のインプットやアウトプットが楽…

読書中のお爺さん

POST LIST