事務処理で膨大な時間を取られているなら介護ソフトを導入しましょう

クラウド型の介護ソフトはアップデート等の手間が不要でオススメ

老人に笑顔で接する

事業所で導入されている介護ソフトは、パッケージ型とクラウド型の2種類があります。パッケージ型は昔ながらの方法で、CD-ROMやDVD-ROMからソフトをインストールしたり、ネット上からプログラムファイルをダウンロードしてインストールします。ただ、パッケージ型のソフトはバージョンアップのたびに、アップデートをする手間がかかりますし、バージョン管理も面倒な部分が多いです。
しかし、クラウド型の介護ソフトなら利用者がアップデートをしなくても、常に最新のバージョンを使うことができるのでバージョン管理もする必要がありません。ですので常に最新のバージョンを使えて、アップデートの面倒を無くしたいという方には、クラウド型の介護ソフトがおすすめです。
また、最近のクラウド型の介護ソフトは、インターネットブラウザがあれば使えるものもあり、パソコンだけではなくスマートフォンやタブレットからアクセスして利用できたりもします。導入費用もパッケージ型と比べて安い業者は多く、コストパフォーマンス的にも優れたソフトとなっていますので、クラウド型の介護ソフトの導入をしてみましょう。特に介護ソフトは、介護保険の改正などで計算方法などが変わることがあるため、プログラムのアップデートを提供会社側が自動でやってくれる介護ソフトがあると便利です。

LATEST ARTICLE

文字入力の手間が省けて文書管理が楽になる介護ソフト

業界で使われている介護ソフトを導入するメリットは沢山ありますが、文字入力が楽になるのも大きなメリットです。紙に文章を書いて、書類で介護…

車いすでお散歩

離れた場所でも簡単に情報を確認出来る介護ソフト

介護施設で介護ソフトを導入することで、離れた場所でも簡単に情報を確認できるようになります。例えば、大きな介護施設では、フロアが広く別の…

食事中のお婆さん

クラウド型の介護ソフトはアップデート等の手間が不要でオススメ

事業所で導入されている介護ソフトは、パッケージ型とクラウド型の2種類があります。パッケージ型は昔ながらの方法で、CD-ROMやDVD-…

老人に笑顔で接する

デジタルで情報のインプットとアウトプットが楽になる介護ソフト

ケアの記録を付けるときや介護請求を行うときに役立つのが介護ソフトです。介護ソフトの導入をすると、特に情報のインプットやアウトプットが楽…

読書中のお爺さん

POST LIST